東京で生まれて東京で占いをしている占い師

風来坊な占い師・蒼雪氷(あおいゆきこ)の占い雑記帳


「空亡」って、そんなに気にすることはないけど、その時になった本人しかわからない何かはありますよね。そんなに気にしなくてもいいってのは、本人にしかわからない何かがあるってことですね。


「気にするな」というのは、私はこういう理由があるからだと個人的に思います。


戌亥空亡→すごくウザい

申酉空亡→すごくめんどくさい

午未空亡→すごくうるさい

辰巳空亡→すごくサブい

寅卯空亡→すごくしつこい

子丑→すごくだらしない


それぞれのグループの人らはこれが強みであって魅力でもあります。
これこそ運気を上げるために伸ばすべきところだと感じます。

占い師をやっていて思うんですが、占いする人って自己啓発しまくって自分の意思がない方って多いんですよ。そっち系で「自分の良いところを述べてください」っていうワーク的なのやってるはずなんですよね。

決して悪いことではないけど、これをこじらせるとただのクズになって結局占いばっかりやりやすいので気をつけたいところです。


教育工学の怖いところって占いより眉唾なとこ。


あぁ・・・なんという素晴らしくエモい曲なんだ・・・。


avexとエピックソニーに育てられた我々の辛かった時代に終わりが見えてくるとは、思ってもいませんでした。

安室さんのCDをついつい購入したギャル世代よりも少し若いコギャル世代の占い師です。今のこの時代にコテコテの小室節の楽曲を最後の最後に思い切り歌う安室さんは、義理人情に厚い命式そのままを表しているなと感じました。

この世代の方は、完全なるロストジェネレーション世代で、バブルの恩恵も受けられず、むしろバブル世代の尻拭いを嫌という程させられていて、最も辛い宿命の元に生まれているかなと思います。


就職も人間関係もうまくいかず、することといえば娯楽を見つけて消費するだけ。
一番、世の中に溢れるばかりの「モノ」を買った世代、使った世代なのではないでしょうか。


だって、それしかやることないんだもの。
でも、そのお陰で「時代精神」というものが身についている大変貴重な世代です。

本当はとても芸術的で才能がある世代なのに、社会はそれを認めてくれない。そんなジレンマを抱えながら一人で頑張っている人が多い世代の宿命の元に生まれているのでは。


そんな中、安室奈美恵という存在はこの世代にとって唯一の同世代のスターであり、希望であった。思い通りに生きれない人生と、度々裏切られる期待を全て一緒になって背負ってくれた存在。

この世代にとって唯一の同級生なのではないかと、お見受けいたします。


正直なところ、この世代の方の鑑定をするときは毎回込み上げてくるものがあります。


ただ、一つだけ言えるのは、自分の殻を破るのではなく、そろそろ社会から攻撃されないように身につけた重い重い鎧を脱ぎ捨てる時期がきているのでは、そんなことを少し年下の後輩おばさんは、この世代を見て思います。


素敵なおっさん、素敵なおばさんということに自信を持って今日から第一歩を踏み出してほしい、そんなことを最近の安室ちゃんの有終の美を見ながら思いましたです。


9月度は8日、本日からです。

お盆前後から始まっていた「吉と凶が逆転する期間」も明日で終わります。 西洋占星術、東洋占星術のホロスコープ、そして暦がめちゃくちゃだった今年の夏。

今年は色々ある1年だなとは分かっていたけど・・・本当に・・・色々ありました。
大昔、OLをやっていた頃に札幌で働いていたことがあるのでございますが、その時の仲間が無事でいてくれることを祈ります。そして、北海道のお客様の鑑定も多数させていただいた過去もあり、その方々も無事でいてくれますように。


また、今年は10月度〜11月度も気を抜かないようにしてください。
特に、10月。



そして、しばらくの間、なかなか待機や鑑定ができなくてすいません。違う仕事(会社員ではない)を多数しておりまして、勝手に色々やりすぎてバタバタしておりました。今月度からは占い師の仕事はたくさんできますので、ご依頼そしてご希望の方はご連絡くださいませ。



そういえば、今年は「自分を変える年」です。中でもこの占い師は「自分を変える年」に「自分を変える運気」に入っています。

啓発系やxx高い系などはご遠慮いただきたいことは既に公言している理由は、個人的に手っ取り早い変化の方法は、「運動」だからです。基本的にヨガ、ランニング、水泳と有酸素運動は欠かさずしているのですが、最近気づいたことがあります。


「有酸素運動って食欲増すだけじゃないか」ということ。もう長年やっているのに体力が全くつかないということに気づきました。それでは結局何も変わらないし、運気も上がるはずありません。

数ヶ月前、俺様犬を散歩しているときに、ものすごく可愛くてちっちゃいお犬様と散歩をしているムッキムキなビルダーさんに、筋トレの素晴らしさを延々と聞かされ、最終的には「ヨガだけやってればいいとか思ってんじゃねぇぞ」と厳しく喝を入れられました。

でも、犬はものすごく可愛いのです。いつも不思議に思うのですが、どうして強そうな人は可愛いお犬様をパートナーにし、気が小さそうな感じの人は強いお犬様をパートナーにするのでありましょうか。

まぁそれはいいです。

そして気づけば筋トレをしないと気持ち悪い生活になるという、「筋トレあるある」な人間に変わりました。そのほかにも色々変わりました。


ムッキムキになりたい欲望はありませんが、占い師=ちょっと神秘的な業界のイメージに反抗して「筋肉占い師」っていうのも面白いかなと思って。ダンベル恋占いとか、インスピレーションアブローラーとか。


とりあえず、そんな日常。

↑このページのトップヘ