東京で生まれて東京で占いをしている占い師

風来坊な占い師・蒼雪氷(あおいゆきこ)の占い雑記帳

実験で、髪の毛を40cm切りました。そして占いの実践結果を残したかったのでやってみました。

相変わらず、体を張る占い芸人ですねぇ・・・

こちらとしては切るために伸ばし続けており、今年の猛暑にも耐え、筋トレやトレーニングの時にも耐え、髪を切る時まで我慢をし、忍耐をし続けました。

しかし、世間の目はやれ失恋しただの何かあったなどと、とてもくだらないことを言ってくるので多少イラついています。そんなクソつまらぬことしか思いつかないのかと思うとほくそ笑んでしまいます。

本来であれば、思い切って坊主にしようかなという気持ちでいたのですが、美容師に拒絶をされたのでやめておきました。超ロングをバッサリ切る時というのは緊張するようでプレッシャーが半端ないんだそう。

同じ「”師”繋がり」としては、別に客が「バッサリ切ってくれ」と言われたことに対して「イメージと違った」というクレームはただの言いがかりであり、イメージ写真を持って行ったって顔もスタイルも違うのですからイメージ通りになるわけがなく、そんなもん美容師に責任(カラー剤をつけてしまったとかなどの有責の事故は除く)はないでしょうと個人的には思うのですがね。

「とにかく波瑠か椎名林檎みたいにしてくれ」というオーダーをしたらムロツヨシのようになった占い師の散髪占いの自分通信でした。




癖毛強めか!


土用ですね。そして逆行ですね。
お元気にお過ごしでしょうか。

私は「過去との遭遇」をしておりますが、幸いにも相手はニュースの中でしかいまのところでてきておりません。

今考えれば、とんでもない人間関係の中に巻き込まれていたんだなと思うと、今までの長い長いクソみたいな運気は人生の糧になっているんだなと改めて思いながら、ざまぁみろ、なんてこと思っていませんというのは嘘になるかもしれませんが、もうどうでもいい感じになってきています。

そういえば、


「占いでダントツで相談が多いけど占い師から嫌われている命式」ってのがありまして、占いといえばほとんどが恋愛相談です。そのお相手、もしかしたら占い師はあんまり鑑定したくないほどの嫌なやつかもしれません。


一言で言うと、比劫の命式なんかどこがいいんだろうなと、個人的な感情では思うのですがね。
自分の身を守るためなら平気で嘘をつく、バレそうになるとすぐ切れる。でもそれがしっぺ返しで返ってくるのを知らずに自己中心的に人の心を壊す。


運命学を勉強していれば、小物ですよ比劫なんて。


本日は結構大事な満月なので、世の中の男女が比劫という小物ではなく、もっと思いやりのある異性とのご縁がありますように祈ります。

忙しくて電話鑑定がなかなかできなくてすいません。
土用前後から常時待機で復帰できる予定なのでよろしくお願いします。


そういえば、待ちに待った「同じ運命を辿っていた方」との初鑑定ばかりで、同じ考えを持ち、同じようにこだわり続け、同じように葛藤をし続けている方が多く、私は個人的には報われた感じがします。

良さそうに見えて本当に辛いんですよね、この運気って。
トラウマでもなく、執着でもなく、こだわりでもない。

ではなんなのか。


「その会社が好きだったから」なんですよ。

ただ、嫌な奴が多くて多くて。嫌な奴っていうかすごく嫌な奴。
すごく嫌な奴っていうか、心底嫌な奴。

でも、その嫌な奴も人生の中で歳を取った時に同じ運気にめぐり合うので、いつの日があなたの苦しみを理解して心の中で謝ってくれるかもしれません。だから、「ザマァ」と思うのは醜いので、逆に感謝をしないと。

です。


長年のリピートのお客様も、同じような運気を辿っていらっしゃいますが、できれば30代までの間にこの運気を辿っていれば基本的には、長い目で見ればなんでもできるようにはなるかもしれません。

これはどんな方でも巡ってきますが、40代以降からだと正直苦しかったりします。「今頃大丈夫かなぁ・・・」と気になる過去のお客様もたくさんいらっしゃいますが、順番に巡って来るので気にしても仕方ありませんし・・・。

これの対処法はそんなにありませんが、悔やみながら生涯を閉じないようなライフスタイルにとにかく変えること、自分を変えることが唯一の対処法かもしれません。


この運気の時に見たものやされたことは重要なデータになり、財産になっています。
なので、周りからこだわりすぎと言われても、その人はその運気に年老いてからなるっていう現実を知らないだけなので、とことんこだわってデータとして残しておくと、あとあと役に立ちますよ。

そんな感じです。

↑このページのトップヘ